2016/12/28

リオで年越しカウントダウン

Boa noite! こんばんは
サンパウロは連日猛暑で年の瀬感が全くありません。笑
そんな暑すぎる年越しを、みなさんどのように過ごすのでしょう??
(写真:ブラジルでは年越しに白い服を着ます!)



断然人気は○○があるところ!!

暑い年越し…そんなブラジルの人達が好きなのは水があるところ!!
特にビーチは大人気!!観光スポットになるような大きいビーチだけでなく、小さなビーチにも人がいっぱい。その他にも、滝や湖、大型プールのあるリゾートホテルなど、とにかく水浴びできる所が大好きなようです。
年越しも、クリスマス同様、家族で過ごす人が多く、親戚の誰かしらが"Casa de praia"と呼ばれる海沿いの別家を持っていたりすると、皆でそこへ大集結します。もちろん貸家やホテルも利用します。
(写真:コパカバーナでみた初日の出)

2015年、リオのカウントダウンに行ってみた!


お祭り好きの人なら憧れるリオデジャネイロで過ごすカウントダウン。
毎年、Reveillonと呼ばれる大規模なイベントで賑わいます。
2014年の年末に従姉妹が日本から遊びにきていたので、友達と共にリオデジャネイロのコパカバーナ海岸でカウントダウンを過ごすことに!
大晦日の夕方から人々が集まり始め、Maria RitaやGrupo Revelaçãoらが無料で野外ライヴを行います。カウントダウンは海岸沿いに上がる花火と共にシャンパンをあけるのがお約束。そのあとにSeu Jorgeのショーがありました。
感想は…とにかく、人!人!人!!!
歩くのにも一苦労な程、混雑しています。あと、酔っ払い同士のケンカやお決まりのナンパも多いので要注意。トイレは仮設がありますが、混雑、そして…(省略w)
でも、カウントダウンの花火と人々の活気は忘れられない思い出になりました。お祭り気分を味わうならオススメです!

こちらはカウントダウン後、午前2時30分頃のコパカバーナの様子。
コパカバーナ沿いにあるマンション(なんとナラ・レオンが住んでいた建物)にお住まいのご友人宅にお世話になり、このビデオの撮影に成功!上の初日の出の写真も、ここから撮りました。あの初日の出は忘れられません…


※Reveillonは海沿いだけでなく、街中やパーティー会場でも開催されます

もちろん”お家派”もいますよ~!

2015年はド派手な年越しで幕を開けましたが、2016年はルイスの親戚が住むクリチバで過ごしました。サンタフェリシダージというイタリア人街とも言われる閑静な地域です。白い服を着て、カウントダウンと共にシャンパンを開け、外では花火があがっていました。白い服、シャンパンと花火は場所に関係なく定番のようです。

今年は元日から例の高級リゾートで演奏なので、一人タトゥイに居残り中。。同じようにタトゥイに残っている友達仲間と過ごす予定です!
ブラジルで3度目の年越しとなりますが、年越しそばや御節、除夜の鐘に初詣…もいいなぁと、日本が恋しくなってきました。

皆様、よいお年をお過ごしくださいね^^