2020/02/16

リマと音楽1 Puente de los Suspiros

Hola! Que tal?
ペルーの公用語はスペイン語ですので、今必死で覚えています。
せっかくなのでリマの人々が好む音楽や、それにまつわるスポットを紹介していければと思います。
ペルーの首都であるリマですが、北と南でびっくりするぐらい雰囲気が違うのです。
場所によって人々が好む音楽も異なります。ざっくりと、Afroperuana(musica criolla)、Cumbia、Salsaと3種類のタイプに分けられるそう。もちろんRockや南米・北米Popも聴かれています。10代の子達にはK-popも人気なんだとか。


今日はリマ観光でかかせない場所としてもしられているPuente de los Suspirosを紹介。
Mirafloresと同じようにリマの素敵なお店が多いBarrancoにあります。この橋は大きくもなければ下に川が流れているわけでもなく、何もしらないと特に面白みがないかもしれませんが、ここはペルーを代表する歌手/作曲家のChabuca Grandaが歌った地として有名で、同名の曲もあります。
Chabucaは幼少期に家族でリマへ引越し、音楽とは別の仕事をしていましたが、音楽への夢をあきらめず、Valses criollos (いわゆる"ペルーのワルツ") の作曲をはじめ、リマ市主催の作曲コンテストで優勝したのを皮切りに、数多くの名曲を残しました。代表曲をあげるとLa Flor de la Canelaかな。私はFina estampaが好きです。


ペルーの国民的歌手Eva AyllonはChabucaの作品だけを集めたアルバムも録音しています。

橋の周りはお洒落なレストランやカフェが並んでおり、平日の夕方や土日は人でいっぱい。リマのデートスポットだそうです。私たちブラジル音楽プロジェクトチームも何度かこの橋の隣で野外ライヴをさせてもらいました。(ライヴをするにはリマ市の許可が必要です)
ライヴ後は近くにあるレストランAnticucheria El Tio Marioで夕飯。ここで食べたPicarones(サツマイモや小麦粉を混ぜた生地を揚げたドーナツ)が最高に美味しかったです!


2020/02/13

リマでヘアカットしてみた!

リマへ来てから1ヶ月が経ちました。
こちらでの生活はサンパウロと異なることが多くて(東京とはだいぶ異なる)、なかなか慣れず、やっと落ち着いてきたところです。

先日、初めてリマでヘアカットをしてきました。
タトゥイ時代に知り合ったペルー人女性の留学生たちは、みんな真っ黒でストレートの長い髪をしていたので、きっとペルー人美容師さんは私の髪を上手に切れるに違いないと勝手に期待。思ったとおり、リマに着いたら女性がストレートヘア率高し!!が、私の住んでいる北側の地区は小さなサロンの数が多く、お客さんが入ってない、更にはあまりにも安すぎる(10~15soles)ので急に不安に。。そして街行くペルー人女性はロングヘアがご自慢のようで、あまり世界の流行には敏感じゃなさそう…。
もうちょっとモダンな感じのサロンないの?と友達に聞いたことろ、教えってもらったのがMontalvoというリマの至る所にあるチェーン店のヘアサロン。
お店も大きくて、日本のサロンのようです。(写真はgoogleより拝借)

今回カットしてくれたのは男性の美容師さん。まずはどんな風に切りたいか聞かれ、ボブヘアのカタログを渡されました。カタログはグローバルな感じで、「こんなヘアスタイルにしてる人、リマにいる?!」と突っ込みたい所でしたが、カウンセリングはしっかりしていたので良しとしよう。
シャンプーをしてもらい、早速カット。ちなみにシャンプー台は自動ではありません。これはサンパウロも一緒。去年ショートカットにしてからそのまま伸ばしっぱなしだった後ろ髪をそろえてもらい、無事にボブヘアになったのですが…ちょっといびつなんですけど…サロンに行く前に友達に「気に入らなかったらちゃんと言うべし」と言われたのを思い出し、説明して左右対称になるようにレイヤーを入れてもらい完成。お値段は50solesでした。

スペイン語でヘアカットについては、いつも助けてもらているひろこさんのブログを参考にさせていただきました。
参考リンク:【いざという時】海外で美容院に行きたくなった時助かるスペイン語!
ちなみに今回してもらったような切りっぱなしカットはPelo recto cortoといいます。
それにしても、海外でヘアサロンをさがすのは一苦労です。日本のヘアサロンの技術が高さを改めて実感させられます。

2020/01/23

2020年はペルーのリマより発信!

明けましておめでとうございます!
2019年は沢山の演奏の機会に恵まれ、無事にConservatorio de TatuiのMPB/Jazz学科の卒業も確定。レコーディングやプロジェクトやらで1年があっという間に過ぎ、ブログを更新する時間が全然なかったのですが、思い出を振り返りながらレポートしていきたいと思います。

突然ですが…現在ペルー共和国の首都リマにいます。
リマにあるMUSA文化センターのプロジェクトの一員として、ブラジル音楽講座、ショー、そして子供向けの音楽指導をすることになりました。期間は3ヶ月間です。私の他に2人のブラジル人ミュージシャンも一緒に来ています。

プロジェクトの他に、かねてから興味があったペルーの音楽に触れること、そしてスペイン語の基本的な表現を身に着けるという目的もあります。
あんなに大好きなブラジルを離れるのは少し悲しいけど、こんな機会は滅多にないので思い切って決断しました。

今日から3ヶ月間、ペルーでの生活のお話が多くなると思いますが、どうぞお付き合いください!
(写真はミラフローレス地区から撮った夕陽)