2017/08/08

ショッピング・メトロとは?


Boa tarde! こんにちは
サンパウロ市内には沢山のショッピングセンターがあります。
6,7階まである縦長の老舗デパートのような店舗から、2,3階までで横に広いイオンモールのような店舗まで様々。ショッピングに入っているお店はファミリー向けの衣料品店や靴屋、化粧品、フードコート…とだいたいどこのショッピングも似ているのですが、中には高級ブランドが並ぶショッピングセンターもあります。


さて、今日はそんな大きなショッピングセンターのことではなく、もっと気軽なショッピング・メトロについて。
ショッピング・メトロというのは、メトロの駅に隣接するショッピングセンターではなく、メトロの"車内"で繰り広げられるショッピングのことです。
これ、正式名称ではないのですが、友達が"Shopping de Metro"と呼んでいたので、私もこう呼ぶ事にしました。(この場合、直訳は"メトロのショッピング")

メトロに乗っている時に車内に乗り込んできた売り子さんがいろいろな物を売るんです。
売り子さんと書きましたが、実は普通の乗客でもちろん違法行為です。笑
皆さん普段着で大きなリュックや黒いビニール袋をさげて乗り込んできます。
ドアが閉まり発車した後に、
「Pessoaaaaaal!!! 」(「みんなー!」みたいな感じ)
と信じられないぐらい大きな声で叫び注目を集めてから、巧みな話術で商品の説明を始めます。

よく売っているのは
・イアフォン (しかもアップル社製そっくりの偽物)
・SDカード
・USBメモリ
・スマートフォンの充電器
などの小さな商品。多くの人が本当に使えるのか疑問にもつのか、「この場で試してもらって構わないよ!」と言いながら商品を見せます。
次に多いのは水やコーラなどの飲料、ガムやチョコレートのお菓子など。

一度、満員だった車内でスマートフォンに取り付ける魚眼レンズのようなものを売っている人がいて、「これがあればセルフィがうまく撮れるよ!」と言った瞬間に周りにいた女の子たちが一気に振り向いたのには笑えました。。(ブラジルの女の子、セルフィ大好きだからね…)

サルバドールではバス車内でこのショッピングが繰り広げられます。笑

どんな場所でもチャンスがあれば商売を始めるのがブラジル。
道端で物を売る人は多いですが、メトロの車内とは斬新です。。
ガムや飴の売り子さんは、車内が空いている場合、乗客に無言で商品を置いていき、次の駅に着く前に回収(購入したい人はお金を渡す)していくパターンもあります。
これをしらなかった時に、突然ガムを渡されてびっくりしたことがあります。メトロに乗ることがある方はしっておくと良いです^^;


余談
メトロって危険なの?
私は朝6時~夜22時ぐらいであれば一人でもメトロに乗ります。但し、土地勘がある場所のみです。メトロ構内で怖い思いをした経験や、見た経験はありませんが、満員電車でのスリには気をつけてくださいね。最近は痴漢も増えているみたいです。
メトロについて詳しくしりたい方はこちらの記事をご覧ください^^
サンパウロの移動手段~メトロ編~

ランキング参加中です!
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村