2017/04/13

楽器とは一生付き合っていくもの

こんばんは!
今日はブラジル関係なく、楽器の話です。
昨年末から毎日フルートを練習するようになりました。
フルートを手にとったのは数年前。所属していたビッグバンドで吹く必要があり、リハーサル前にちょっと練習する程度でした。
本番で音は出ているものの、もちろん納得いく演奏ではありませんでした。
それからはフルートを触ることがありませんでしたが、「ブラジル音楽を吹くにはやっぱりフルートを覚えたい!」という気持ちから練習再開。
とは言っても、一度もフルートの先生からレッスンを受けたことがないし、フルート奏者の友達たちは夏休みでそれぞれの故郷に帰省中。
試しにインターネットで「フルートの吹き方」と検索をしたところ、驚くほどの情報が出てきたのです!!


まずはフルートのアンブシュア。
検索でトップにでてきた日本人フルート奏者の記事は
「口を結んで、少し微笑むように」
後日、私の数人のフルート奏者の友達からもらったアドバイスは
「ため息をつくように」
ショーロ科のフルートの先生からもらったアドバイスは
「Peと発音するように」
とそれぞれ異なる表現でした。
表現というよりも、「微笑む」と「ため息」は正反対のような気がします…

このように、アンブシュアは人それぞれ違ってあたりまえなのです。
人それぞれ唇や歯並びも違いますし、やはりいろいろ試していくしかないですね。
私もサックスのレッスンをする時、混乱させてしまうようですが、何種類もの表現方法を生徒さんに伝えるようにしています。
そこから先は自分でみつけるしかないんです。

運指に関しても、ある程度吹ける様になってくると必ず疑問がでてきます。
私は昨年、サックスを吹く際の指の使い方を変えました。
実は音大時代、当時の先生に「左手の構え方が変だね」と指摘されたのですが、具体的にどこが変で、どう直せばよいか指導されませんでした。
自分でも何が"変"なのかわからず、そのまま続けてきたのですが、その限界が昨年やってきたのです。
今回は自分でありとあらゆる方法を試しました。学校の先生から生徒、You tubeで見れる映像、ジャズ、クラシック、ポップス関係なく沢山のサックス奏者の指の使い方を見て比べました。また、何人かには質問してみました。
そこで発見したのが、"左手の人差し指をキーにどのように置くか"という事でした。

今まではキーに対して円を描くように人差し指を曲げていましたが、曲げずに手首を少し手前にひいて人差し指がなるべくまっすぐになるようにしたのです。
たったこれだけで見違えるように変わりました。
ですが、たったこれだけのことに気づくのにとっても時間がかかりました。
それは、音大時代に先生が具体的に指導してくれなかったのが理由ではなく、自分で自分に一番合った方法をみつける努力をしなかったからです。
※Beforeの状態で問題なく吹けている人もいますし、そう指導する先生もいますのでAfterが正解ではありません

レッスンは受けるのも、するのも好きです。
やはり経験者のアドバイスを貰うことは重要です。
ただ、それを鵜呑みにするのではなく、参考にしながら"自分でみつける"ことが大事なんですね。
楽器とは一生付き合っていくことになりそうです^^;


ランキング参加中です!
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村