2018/02/20

ブラジル発のラバーシューズ、melissaで買い物してみた!


Boa tarde! こんにちは
こちらに来てから、私のファッションはだいぶ変わったと思うのですが、実は一番困っていたのが靴!!
日本では長年ヒールを愛用していましたが、正直サンパウロはヒールじゃ歩けない!!

オスカー・フレイリ通り(←私的にサンパウロの表参道)を歩くならヒールが似合いますが、メトロに乗ってどこか出かけるのには一苦労。
だって穴ぼこだらけなんです!!そして赤土むき出しなところも…。
私が住んでいるタトゥイはもっと酷いです。
何が酷いって雨の日。水はけが悪いので一瞬で洪水状態になり、これまで何足靴がだめになったか…。
良い靴を買ってもすぐにだめになるので、お手ごろな靴を探していたけどなかなか気に入るのが見つからず、しばらくハワイアナスのビーチサンダルでウロウロしていました。
こちらの女性も普段はスニーカーかぺたんこパンプス率が高く、ヒールはパーティーやクラブに行く際に使うようです。

先日ショッピングセンターで靴探しをしていたら、melissaのショップを見つけました。
melissaはラバーシューズを取り扱うブラジル発のメーカーで、日本でも一時流行った時があったので、ご存知の方も多いのでは?
着いた頃はブラジル発のブランドが好きで、ハワイアナスのスニーカー(現在廃盤)を履いてブラジル人にも「おしゃれ~」と驚かれたけど、そういえば同じく世界的に有名なmelissaに興味をしめしたことがなかった私。ラバーシューズってなんか蒸れそうなイメージがあったのと、あの独特の匂いが苦手で。
入った店内で、一番最初にみつけたのが今回購入したFloxというモデル。
まさに私のさがしていたタイプ(ぺたんこサンダルだけど、かかとがちょっとあってキラキラ装飾がついていないシンプルなやつ)!!
Google imageより拝借

試したときにびっくりしたのが…底がすっごく柔らかい~~ <3  
底も勝手にラバーだと勘違いしていたのですが、実はふわふわで足にフィットする。ラバー部分もベタベタせず、むしろ歩くときに収縮してくれるので全く締付け感がない。
店員さんに雨が心配だと相談すると
「melissaは良いところは雨に強いところなんですよ~!」と。
確かに。ゴムだもんね!笑
とにかく履き心地が最高なので即購入。
気になるお値段はR$130(2018年2月のレートで約4300円)でした。
実はこのサンダル、もう何年も前からmelissaの人気商品で、ヒールが高いバージョンもあるそう。店員さんによると、先月中国人の女性がこれを400足買い占めたらしい。。転売目的か?!
不思議なことに、デザインと履き心地が良ければあの独特のmelissa臭も気にならない。笑

※melissa臭…melissaのサンダルは特殊なゴムでできており、それを隠すために香料が使われているのですが、これがなんとも独特な匂いなんです。強いて言うなら甘い消しゴムの匂い。笑

とにかく、靴が買えて一安心。最近、ブラジルも中国製の安価な靴が増えているのですが、やっぱりブラジルのメーカーはデザインもかわいくてテンションあがるなぁ。
どれぐらい長持ちするか楽しみです。


ついでにポルトガル語でのそれぞれの靴の呼び方をおまけで。
スニーカー:Tênis
ブーツ:bota
パンプス:Sapatilha
ヒール:Sapato もしくは Saltoでも
サンダル:Sandália
ミュール:Tamanco
ビーチサンダル:Chinelo


?(写真参照):Alpargatas (これ、日本語でなんていうんでしょうね。70年代に流行したもので、素足で履く、カジュアルな靴。ハワイアナスのモデルは今でも販売されています)

ショッピングセンターやウェブショップでは靴売り場はCalçadosもしくはSapatosなどと表記されています。

ランキング参加中です。
こちらからブラジルに関するブログtop10が見れます
↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村