2018/02/11

サンパウロで豚骨ラーメンを食べてみた

ブラジルに住んで3年半。 実はこちらで一度もラーメンを食べに行ったことが私…。
着いたばかりの頃、リベルダージに住んでいましたが、強がって日本食はあまり食べませんでした。が…一時帰国してから急に体が日本食を求めてしまう!!
そして、ついにラーメン屋に並んでしまいました…。


サンパウロのラーメンブーム?!

サンパウロにはリベルダージに古くからある「あすか」というお店や、最近パライゾにも2号店を出した「Lamen Lazu」に続き、「JoJo Ramen」や「Momo Lamen」など、続々とラーメン屋がオープンしています。ラーメン屋のみならず、近年人気急増中の「すき家」でもラーメンをメニューに追加したほど。
どこのラーメン屋も混んでいて、すんなりとのれんを潜れることは珍しい…。ちなみにお客さんはブラジル在住の日本人や日系人が多いイメージがありましたが、非日系ブラジル人も多いですよ。
※注 ラーメンの表記ですが、JojoのみRamenと綴っています。ちなみにブラジルのスーパーに必ずあるmiojo(明星)のインスタントラーメンの表記はLámenです。

一軒目 博多一幸舎 ブラジルリベルダージ店

記念すべき私のブラジル初ラーメンは今年の1月5日にオープンしたばかりの博多一幸舎にていただいた豚骨ラーメンでした。店は2階建て全41席。ちょうど空いている時間に行ったので20分程度の待ち時間でした。店内はクーラー全快、ホールスタッフには日本語が話せる人がいます。
豚骨ラーメン R$32を注文。
チャーシュー、卵、きくらげ、ねぎのトッピング。
一口食べた感想は…
「日本で食べてるみたい!!」(参考にならなくてすみません^^;)
店が売りにしている泡立つスープはクリーミーですが、塩辛くない。癖もない。スープを飲み干してしまいましたが、そのあと喉が渇くような感じにはなりませんでした。猫舌の私にはちょうど良かったのですが、熱々のラーメンが好きなお友達には少し冷めてるように感じたそう。(ちなみにブラジルの人は熱々の物をあまり食べない)
博多一幸舎って、日本のチェーン店なんですね。どうやら世界各地に店舗を出しているとか。一緒に注文した餃子、美味しいのですが凄く小さいのが残念。

2軒目 豚骨ばりこてラーメンMARU

実は博多一幸舎がオープンする少し前にジャルジンパウリスタにオープンしていた豚骨ラーメンのお店。店主は日本で修行した後にヨーロッパでもラーメンを提供していたそう。こちらも日本語/ポルトガル語OKです。この日の待ち時間は30分程度。
カウンターしかない小さなお店ですが、店主が目の前でラーメンを作ってくれるので、なんだか日本にいるような気分になります。
豚骨ラーメン R$29を注文。
チャーシュー、卵、きくらげ、ねぎに加えて紅しょうがのトッピング。
一口食べた感想は…
「う~ん濃厚!そして熱々!」
だいぶしっかりめの味です。スープは少し残してしまいました…。チャーシューが美味しい!!次はチャーシュー丼も食べてみたいなぁ。ちなみに餃子は頼みませんでしたが写真をみる限り美味しそう。


どちらのお店も麺の固さが指定できます。
麺の量は多くないと感じたので必要であれば替え玉を。
ただ、味は良い!!
これを機に、他のラーメンも食べてみたいな~。
なんて思っていたのですが、どうやら全くもってラーメンの味がしないお店もあるんだとか。(サンパウロ在住のラーメン愛好家による情報)
またレポートしたいと思います。

ブログランキング参加中です
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村