2019/09/29

ブエノスアイレスからコルドバへ

アルゼンチンへ行ってから、既に8ヶ月が経過…。
学校が始まると本当に忙しくてブログをかけませんでしたが、少し落ち着いてきたのでまたブログを再開しようと思います。
では、予告していたブエノスアイレスからコルドバへの道のりをレポート。

コルドバはブエノスアイレスに次ぐアルゼンチンの都市で、キリスト教布教の拠点となっていたために古い教会が多く、同国最古の大学があり、友達いわく国中から学生が集まるのでなかなか面白い街だそう。チリ人の友達は何故かコルドバや周辺の都市は美男美女が多いと言っていた。。笑
今回の目的であるコスキンフェスティバルの経由地として、1日泊まる事に。
なぜならば、フェスティバルのチケットがネットで買えなかったので、コルドバにあるチケット売り場で購入する必要があったのです。ついでに一泊してみようとホステルを予約しておきました。

ブエノスアイレスからコルドバへ



今回はレチーロのターミナルから夜行バスに乗りました。
レチーロはブエノスアイレスから近郊都市への高速バスターミナルで、チリやペルー行きのバスも出ています。周辺は薄暗いので、夜は注意。このターミナル、乗り場が本当に不親切なんです。チケットにはゲート25-35などと書かれていて、自分でバスを探さないとならず、危うく乗り損ねるところでした。
レチーロのターミナルはWi-Fiも電源もないし、座るところも少ないし、何より暗い!それに比べてコルドバのターミナルは凄くきれいで近代的、案内も十分でした。



バスは1日に複数の会社から何本も出ていて、行きはChevallier(1650アルゼンチンペソ)、帰りはEl Turista(1800アルゼンチンペソ)を利用。
9時間の長旅なので、どちらもCama(レイト)を購入。ワンドリンク、スナック、Wi-Fi、トイレ付きです。ちなみにEl Turistaは少し高くなりますが(といっても数百円程度)、車内食(写真)にフリードリンク、更にはブランケットがいい香りだし、椅子もほぼベッドのように倒れるので、爆睡できました。ブラジルの高速バスより快適!


コルドバ到着、市内をフラフラしてみる

コルドバでの最大の目的はフェスティバルのチケットを買うことだったので、買えるまではドキドキしていましたが、意外にもあっさり購入できて、1日街をフラフラすることに。
レストランを探していたらいきなりドカーンと現れる大聖堂。さすが歴史がある街。コルドバの観光スポットは殆どが歴史のあるものです。


私はどちらかというと教会や大聖堂よりもカニャーダ川付近が気に入ったのでこの辺りで本を読んだりしました。この街灯とか素敵でしょ?
でもホステルのお兄さんがこの付近より先は夜危ないと教えてくれたので、夜は早めに休むことに。どこに行っても地元の人の情報は大切。

次の日は早起きしてコスキンまで電車で行ってみようと駅まで行ったのですが、ちょうどバーベキューシーズンらしく既に満席。鉄子の私としては非常に残念でしたが、今回は大人しくバスでコスキンへ向かうことに。 (つづく)

1 件のコメント:

  1. 【海外情報メディアとの相互協力・記事執筆依頼】
    ブログ運営者様
    先日連絡したTripPartner運営事務局です。(https://trip-partner.jp/ )
    弊社海外情報メディアとの相互送客、もしくは弊社サイトでの記事執筆(2500円~4500円/1記事)をお願いしたいのですが、いかがでしょうか?
    範國(ノリクニ)宛(director@trip-partner.jp)にメール頂けますと具体的な内容等を相談いたします。(その際メールにブログのURLを記載ください。)
    何卒宜しくお願い致します。
    ※既に返信頂いた方・ライター登録頂いた方がおりましたらご放念ください。申し訳ありません。

    返信削除