2014/11/21

ブラジル人が平和を祈った歌


Como aquela grande explosão
Uma bomba sobre o Japão
Fez nascer o Japão da paz

今回はこの曲について。
学校の授業で習ったこの曲。題名は「平和」。歌詞の一部に「Japão」と書かれてる。
そう、「日本で起こった原爆が、日本に平和をもたらしたように…」という表現の一部なんだけど、なんか凄く心に効いた。
ちなみにブラジルは近年戦争していません。(当初「戦争を経験していない」と書きましたが私の確認不足でした。ごめんなさい!!ご指摘ありがとうございました)



なんか、この曲聞いたら自然と涙がでちゃった。
日本が懐かしいというか、恋しいというか、寂しいとはまたちょっと違う…まさに「Saudade」な感じかと。

普段生活してても、本当によく日本を感じることがあるんですよね。授業でやったカエターノの曲も、アレンジでイントロに「赤とんぼ」が使われてたり。その度に、なんだか涙がでそうになるんですよ。
帰りたくないんだけど、やっぱり日本人の心は忘れてないんですね。

本当に遠いようで近く、近いようで遠い国です。
日本とブラジル。