2014/09/05

CPFを取得してみた!!

ブラジルで生活する時に必要なCPF(読み方:セーペーエフィ)を取得してきました。

CPFとは、
Cadastro de Pessoas Fisicas =納税者番号 です。
ネットで買い物や、携帯電話のSIMカードの購入、学割など各種手続き時に必要です。
スーパーで買い物する時に聞かれることもあります。(←この場合はCPFなくても買える)

このCPFですが、correio(郵便局)をさがして、お金を払って書類を作って、Receita Federal(財務局)に提出して受け取り…とけっこう面倒。。
かと思いきや、サンパウロ市内でしたら、とっても便利に作れる場所がありますのでご紹介します。


 【必要書類】

  • パスポート
  • 料金 R$5.7  

ブラジルで住んでる所と母親の名前も聞かれます。

 【場所】

 shopping light (ショッピングライチ)
Rua Coronel Xavier de Toledo, 23 – Centro, São Paulo - SP, 01048-100
メトロのAnhangabau駅から歩いて5分程度です。

ただのショッピングセンターと思いきや、ここにはcorreioとReceita Federalが入っているので、一箇所だけで手続きができるのです!!
場所は2階です。(日本的に言うと建物の3階)

【手順】

  1. correioでCPFを作りたいと言い、お金を払う。 この時に住所を聞かれます。 
    窓口の人がとても親切で、住所を告げると手早く書類を作成してくれました 
  2. 書類を受け取り、Receita Federalに提出する。
    これを持っていくのです
  3. Senha(引き換え番号)を貰い、「○時以降に来てね~」と言われる。 
    ここにも受け取れる時間が書いてあります
  4. 時間まで暇つぶし♪
  5. 時間になったらReceita Federalへ行く。
  6. 掲示板で番号を呼ばれたら、指定された受付窓口へ。 
  7. 晴れてCPFゲット! わ~い^^
    昔はカードでしたが、今はただの紙切れです。。笑
と、とーっとも簡単。
 しかも、どちらの窓口の人も、とても親切でした(^^) 
ドキドキだったけど、あっという間に出来上がり!! 1日で出来ます。


ちなみに、気になる待ち時間は… 
13:30 に申請 
14:45 受取可能時間 
14:55 CPFゲット 
だったので、なんと1時間25分!! 
(ブラジルじゃ早いほう!笑)

他の場所だとCPFを作るのに2日かかったりもするそうです。
窓口をたらいまわしにされたり・・・なんて話も。
ここならショッピングセンター内をフラフラしてればあっという間です。
お腹が空いたら、フードコートもあります。
私は節約のために外のバールでパン食べました。笑
バールの店員さんと話したりして楽しかった~ 
ちなみにショッピングセンターの中は
ディスカウント系のお店、LOJAS AMERICANAS
ブラジルのドンキ!?笑
ファストファッションの RENNER
ブラジルのH&M的な !?
など、いろいろありますよ。 Hawaianasもあります。 

これからCPFが必要な方、ぜひここでの作成をお勧めします(^^) 
とーっても便利です! 

※この記事は2014年9月に掲載されたもので、2017年2月の時点でショッピングライチの郵便局は撤退してしまったそうです。近くに郵便局がありますので、そこで申請ができるようです。