2017/03/09

【被害情報】リベルダージでの両替に注意!!

Boa noite!! こんばんは
今年になってから、急に増えている両替後の日本人を狙った強盗被害事件。
何年も前から同じケースの強盗は発生していたので、サンパウロに住む日本人友達の間では有名でしたが、あまりにも急増したので最近はfacebookなどで情報が交換されたりしています。
ついに、日本国外務省も注意喚起を出しましたので、どんな状況なのか私のブログでもシェアしたいと思います。これからサンパウロに来られる方には特に注意してもらいたいです。


サンパウロにある日本総領事館からのメールを転記します。
この情報は外務省のウェブサイトにも掲載されています。
参考:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C039.html

--------------------------------------------------
【本文】
1 本年1月中旬以降,邦人が強盗被害にあう事案が連続して発生しております。昨年9月に発生した類似事案を含めると現在まで9件の被害が確認されており,そのうち2件では被害者が銃撃され,内1名の方が亡くなられています。いずれの事案においても,(1)被害に遭う前にサンパウロ市リベルダージ区に所在する旅行代理店で両替を行っている,(2)犯人が銃器を所持している,(3)犯人がバイクで接近,逃走している,(4)犯人は被害者の所持金額,移動範囲等の情報を事前に把握している可能性が高い,という点が共通しており,現時点ではいずれも解決に至っていません。両替にあたっては,このような被害状況を十分認識し,身の安全を最優先にしてください。

2 邦人の被害例
(1)昨年9月12日,両替後,被害者は市内サウーデ区に移動。路上で犯人にバッグをひったくられそうになったため抵抗したところ,犯人から拳銃を突きつけられバッグを奪われた。
(2)1月5日,両替後,被害者は地下鉄,タクシーを乗り継ぎ市内ミランドポリス区に移動。タクシーから下車した路上で,犯人に銃を突きつけられ所持品を奪われた。
(3)1月10日,両替後,被害者はホテル手配の車両で市内ジャルジン・パウリスタ区に所在するホテルに移動。ホテル敷地内において接近して来た犯人に銃を突きつけられ所持品を奪われた。
(4)1月10日,両替後,被害者夫婦は地下鉄で市内ヴィラ・マリアナ区に移動。路上にて犯人から銃を突きつけられた上,夫は突き飛ばされ,妻は所持していたショルダーバッグを奪われた。
(5)1月16日,両替後,被害者は徒歩でリベルダージ区のレストラン街に移動。路上にて犯人から銃を突きつけられバッグを奪われた。
(6)1月16日,両替後,車両にて移動中渋滞に巻き込まれ市内イピランガ区の路上で停車していたところ,接近してきた犯人から銃を突きつけられるも,窓を開けなかったため犯人から発砲を受け被弾。約1時間後病院にて死亡が確認された。
(7)両替後,市内を移動したところで接近してきた犯人から銃をつきつけられたため,所持品を付近の店舗に投げ込んだところ,犯人から3発の発砲を受け2発被弾,病院で手当を受けた。
(8)2月16日,両替後,タクシーで移動していたところ,途中で追尾する車両とバイクに気付いたため回避を試みるも,70km程移動した先の駐車場にて犯人が接近。犯人から銃をつき付けられ,所持品を奪われた。
(9)2月23日,両替後,周辺を散策した後,上記現場にて後方から銃を持った賊に襲われ付近のホテル駐車場に誘導され,所持品を差し出したところ,店舗内で現金を入れたウエストポーチ(衣服の中に隠せるもの)も出すよう要求され,同ポーチの現金を含めた所持品を奪われた。
--------------------------------------------------
また、サンパウロ新聞の記者が同じケースの被害に遭い、同サイトに詳細が書かれています。 参考:本紙記者が強盗被害 リ広場旅行代理店での両替後に

何をどう気をつけたらいいの??

1) リベルダージの旅行代理店での両替はしばらく控える
被害状況から考えて、防犯カメラのハッキングや、内部に犯人と連絡を取り合う人がいる可能性も考えられます。

2) カードを利用する
サンパウロでは、殆どのお店でレストランやバールではクレジットカードが使えます。現金払いなのはフェイラ(青空市)などの路上店程度。最近はタクシーもUberもカード利用可能の場合が多いです。実際にクレジットカード(デビットも含め)利用する人が多いです。
私も基本的にクレジットカードで支払いをしていました。(最近はブラジルで銀行口座を開いたので、デビットカードを利用しています)
万が一、ハッキングに遭った場合のことを考えて、カード会社への連絡方法も確認しておくこと。ハッキング被害に遭った友達を一人だけ知っていますが、問題なく解決できたそうです。

3) 現金はPLUS対応のカード・ATMでキャッシングする
現金が必要な場合はPLUSマークのあるカードを利用して、銀行やスーパーにあるPLUS対応ATMでも現金をおろすことができます。私は渡伯前に新生銀行でキャッシュカードを作り、レアルをおろしていました。

3) 出発前に事前に両替しておく
どうしても大量のレアルが必要であれば、レートは悪くなるかもしれませんが、空港や、日本で事前に両替することもできます。


両替に限らず、現金を持ち歩く時は必ず数箇所にわけるなど、日ごろからも気をつける癖をつけた方がよいでしょう。
と、ここまでサンパウロの治安が悪いようなことを沢山書きましたが、残念ながら、全て事実です!!サンパウロに限らず、世界各地でこのような事件は起きています。
最近、連絡をとったパリ在住の先輩によると、パリではアジア人対象の強盗やスリが増えているんだとか。。
こういった情報は皆でシェアして、気をつける習慣をつけることが大切なんです。
このような被害に遭う人もいますが、私のように一度も被害に遭っていない人もいます。
今思えば、いかに日本が安全な国だったのか…素晴らしい事ですね。。
これから海外旅行する方は気をつけて旅を楽しんでくださいね^^

ランキング参加中!
応援おねがいします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村