2017/02/26

カーニヴァルは好きですか?

Aeeeee!!! Carnaval !!!
ブラジルはカーニヴァル真っ最中です。
日本からも沢山の観光客の方々がブラジルに滞在しているようなんですが、実はブラジル国民全員がカーニヴァルを祝っているわけではないんですよ!
好きな人もいれば、嫌いな人もいるんです。
今日はカーニヴァルが嫌いな人にスポットを当ててみたいと思います。



少数派ではない?カーニヴァル嫌い

そもそもカーニヴァルって?という方は過去の記事を:カーニヴァルは何処から?

なんだかんだで、ブラジルで迎える4度目のカーニヴァルなんですが、日本の方からは
「いいな~。カーニヴァル楽しんで!」「リオ行くんでしょ?」
と言われるんですが、こっちにいると意外とあっさりカーニヴァルって過ぎていくんですよ^^;
理由として、
・田舎には大きなイベントがない
・観光地はここぞとばかりに宿泊費用を値上げする
・アンチカーニヴァルや興味がない友達が多い
という感じ。
サンボドロモに行く前に、ブラジル人の友達たちに
「なんであんな人が多いところにわざわざいくの?」と何度も言われました。
そんな友達たちはカーニヴァル休暇を使って避暑地やビーチに出かけるそうです。

アンチや興味がない人達に理由を聞いてみた!

・音がうるさい
・小さい頃からカーニヴァルに参加する習慣がない
・なんでもありという雰囲気が嫌い
・渋滞や、道が汚れて困る

などという意見がありました。
音と値上げは良いとしても、この「なんでもあり」の雰囲気に紛れて父親が誰だかわからない"カーニヴァルベイビー"が今も存在するそうです。(そのためにコンドームが配られたりしている。)
そして、渋滞とカーニヴァル後の道は想像以上に酷いんですよ。
私はサンパウロとリオのCarnaval de Rua(道で行われるカーニヴァル)に参加したことがあるのですが、ビールやパーティー用のスプレー泡を浴び、知らない人に肩組まれたり抱きつかれたり、床なんてゴミとビールでぐちゃぐちゃ。
炎天下の中、ひたすら飲んで歌って(叫んで?)、山車と共に歩く…。
トイレ待ちの大行列の横で、我慢できなくて立ちションする女の子や、平気でマリファナを吸っている人も見ました。
もしこの騒ぎが家の前であったらどう思いますか??
"ゴミはゴミ箱に捨てなきゃならない"と小さい頃から教えられている日本の考えからしたら、想像を越えてる汚さです。ホントに。

写真はサンパウロのCarnaval de Ruaに参加した時の様子

海外から想像する商業的なカーニヴァルと実際のカーニヴァル

日本をはじめ、海外から連想されるカーニヴァルとは、"サンボドロモ"という会場で行われるチケット入場制のカーニヴァルかもしれません。(最初の写真参照。よく「リオのカーニヴァル」とニュースで報道されたり、大手旅行代理店が押してるやつです)
実際は、サンボドロモが存在するのはリオとサンパウロだけで、ブラジル全土のカーニヴァルと言えば道やサロン(会場)で行われるものの方が身近です。
私は2015年にサンボドロモのカーニヴァルを観て、あまりのスケールの大きさに感動したのですが、道のカーニヴァルは悲惨な現場を見てからは参加していません。。(あのテンションは完全に酔っ払っていない限り無理…)
ただ、レシフェやサルヴァドールのカーニヴァルは道で行われますが、使われる音楽や衣装も違うので、文化的な面白さはあるのでは?と思うので、いつか観てみたいと思っています。サンボドロも観る価値あります!できればまた観たいです^^

と、カーニヴァル嫌いの人の気持ちもわかってほしいなぁ…と思って書いてみました!笑


にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村