2017/01/04

ブラジル人のアマチュアサッカーを見学してみた




小さい頃から運動神経ゼロの私ですが、特に球技は大の苦手。。ボール恐怖症とも思える程です。
そんな私が住むのはご存知の通りサッカー大国ブラジルなわけですが、ブラジル人は本当にサッカーが好きなんでしょうか?

もちろん、サッカーが好きじゃない人もいますよ!ですが、「サッカーが猛烈に好きな人」が多い事は確実です!
有名な所で言えば、歌手のシコブアルキは自分のチームを持っているほどのサッカー好き。ブラジル音楽もサッカーにまつわる曲って沢山ありますよね。


子供の頃からサッカー!サッカー!サッカー!!

日本でもサッカーは人気のスポーツですが、サッカーと同じぐらい野球も人気でしょう。小学校では、男の子は野球派とサッカー派は半々だったような気がします。
ブラジル人に聞いたところ、ブラジルでスポーツと言えば半数以上の人がサッカーをしているみたい。バレー、バスケ、柔道、最近はマラソン好きの大人も増えているようですが、子供の頃はもっぱらサッカーのようで、学校でサッカー、家ではビデオゲームでサッカー(FIFA等)をし、試合のテレビ放送がある時は欠かさず観るんだとか。その影響もあり、大人になっても趣味でサッカーをする人が多いそう。確かに、市内は沢山の市営・私営サッカー場があります。


アマチュアサッカーを見学してみた!

ブラジル人はサッカー観戦はもちろん、実際に試合をするのも大好き。
ルイスが、帰省中のクリチバでサッカーをすると言うので、アマチュアの人たちが楽しむサッカーを見学してきました〜!
参加してるのは非公開のグループで、試合ごとにエントリーした人たちをランダムにチーム分けするシステム。このグループは基本的に古い友人が中心となっていたそうで、新しい人がグループに入る時は、招待として数回様子を見てからグループに本加入するそう。
ルイス曰く、このグループはかなり本気の試合をするらしく、遊び感覚の人は入れてもらえないんだとか…。チームがランダムに入れ替わるので、毎試合“ゴールを決めた人”をチェックし、ランキングにしているそう。
このようなグループ式の他に、チームとして他のチームと試合する場合や、友人同士でサッカー場を借りて試合を楽しむも良し。大きく分けるとcampo(プロサッカーのサイズ。1チーム11人)、society (campoよりも小さく、1チーム7人)、futsal (一番小さく、1チーム5人。日本でも人気)の3種類あるそうで、今回はsociety で、1試合120~150レアルで私営コートが借りられるとのことです。

大人の試合で喧嘩は起こるのか?

試合は休憩なしの1時間。本気のグループだとは聞いていましたが、開始早々「Porra!!」「Caralho!!!」みたいな放送禁止用語もチラホラ。。ですが、メンバーをなだめるような声がけが多め。と思えば、終了10分前ぐらいからみんな熱くなって暴言が飛び交いまくってます。。笑
試合観戦中もそうですが、とにかく暴言が凄い!!喧嘩にならないのか聞いてみた所、やはりたまに起こるそうです。ただ、あまりにも喧嘩っ早い人や輪を乱す人はグループから抹消されてしまうんだとか。。
中には体を動かしたい、気楽にやりたいという人もいるようなので、自分の目的に合ったグループやチームを探すことは重要そうです。

そんなサッカー大国にいながらも、まだお気に入りのチームすらない私…というか一度も試合を観たことがないので、今年は機会があったらプロサッカー観戦してみたいと思います^^