2016/07/26

オリンピック直前!リオへはどんな服装で行ったらいいの?

2010年、初めてブラジルに旅行する際、一番不安だったのは治安のことでした。
とにかく、できる限りの防犯対策をしたのですが、ちょっと裏目に出てしまった部分もありました。ブラジルへ旅行する際に気をつけてほしい『服装』について紹介したいと思います。


ブランドバッグは避けるべき?

ブラジルのショッピングセンターでよく見かけるタイプのバッグ
経済の中心であるサンパウロでも高級ブランドのバッグを持って歩いている人は殆どいません。特に一発でわかるようなブランド品はすぐに外国人だとわかるでしょう。
バッグを持つ際はリュック、もしくは斜めかけできるタイプのバッグが良いでしょう。
リュックは大きなバックパックはすぐに旅行者とバレます。男性はズボンの後ろポケットにお財布をしまうのは避けた方が良いです。(前のポケットにしまう人が多いそうです)
女性が使う小さなバッグはカラフルな皮、合皮製のものが多いです。(上:参考写真)
とっておきの方法として、スーパーのレジ袋を使う手もあります。

一日中、Tシャツでいいの?

オリンピックが開催される8月は、ブラジルの冬にあたります。
リオデジャネイロの8月の平均気温は20℃前後です。
私の住むサンパウロ州は平均15℃で、今年は特に冷え込みが酷く、朝起きたら0℃という日もありました。寒すぎて、「ブラジルは『南国』じゃない!」と叫びかけました。笑
リオの日中は陽があればTシャツで充分だと思いますが、朝晩は冷える場合もありますので羽織れるものを持っていた方がいいでしょう。またサンパウロや南部に旅行する方はダウンやセーターを準備することをオススメします。

メイクやアクセサリー、時計は?

よくみかけるタイプの大きなアクセサリー
メイクに関しては、日中は最低限のメイクで過ごしている人が多いです。なので、朝からバッチリメイクは少し浮いてしまうかも? パーティーや夕方から夜にかけてはメイクをして出かける人が多いです。アクセサリーに関しては、ダイヤモンドなどの宝石や真珠は避けたほうが良いです。女性はゴールド(メッキ)やシルバーのアクセサリーをじゃらじゃら付けている人が多いので、付けていても目立つことはないと思います。
時計は金属製のものはなるべく避けた方が良いと思います。ブラジルでも金属製の時計はありますが、念のため。私はcasioのG-shockを愛用しています。

なるべく目立たない格好がいい?

よく日中にみかける服装。デニムにシンプルなトップス
私が始めてブラジルへ旅行した際は現地の人の服装がわからず、とにかく目立たないような暗めのTシャツを選びました。が、実際はカラフルな服装の人が多く、夜はお洒落している人がいっぱいいたので、少し恥ずかしい気分に・・・。もちろん強盗から身を守るにはあまり派手な格好は避けるべきですが、明るめのトップスがオススメです。デニムにTシャツやタンクトップ、風通しの良いワンピースなどがオススメです。トップスはシフォン素材やビーズなどの装飾品はあまり見かけません。レースが付いたものや胸元が開いたコットン素材が多いです。男性も圧倒的にTシャツが多いです。暑い日はハーフパンツで出歩く人も多いです。革靴やフォーマルに見えるシャツは避けた方が良いでしょう。


以上、私の目線で気をつけたいポイントを紹介していきました。
時間があるならば、現地で洋服を調達するのもオススメです。人気ブランドの高い服を買う必要はありません。HeringRennerあたりがおすすめです。
常に周りの状況を見ながら、服装選びで防犯対策をすることも忘れないでくださいね。