2016/05/14

ブラジル人の元気の源!フェイジョン!!

Boa tarde !! (こんにちは)

今日はブラジル人の元気の源の一つであるブラジル料理で欠かせない【フェイジョン】についてご紹介したいと思います!
f:id:aika_shimada:20160415225519j:plain
写真の左側にある豆の煮込みがフェイジョンです。
ご飯、お肉か魚一品、サラダと共に食べます。ブラジルの料理は基本的に全て1枚のお皿に盛り付けして、混ぜながら食べるんですよ~!
お茶碗や小鉢、お皿に分けて食べる日本食とは正反対ですね。

フェイジョン豆には栄養がたっぷり。

タンパク質を多く含んでいるので、ブラジルのサッカーチームでもフェイジョン豆のスープが提供されているとか!
またフェイジョン豆には種類があり、私の場合、普段は“カリオカ”と呼ばれる茶色に縞模様のある豆を使っていますが、リオでは”プレット”と呼ばれる黒い豆が主流だそうです。プレットの方が食べた後のお腹の感じが少し重いかな。


いろいろなフェイジョンの写真を・・・
私が家で作ったフェイジョン!
f:id:aika_shimada:20160415233113j:plain
Rajadoと呼ばれるちょっと大きめで赤い豆を使いました。お決まりの鶏肉ソテー、サラダ、ご飯、ファロファと共に。

バールのフェイジョン その1
サンパウロのバールで食事をすると、こんな感じでメイン料理にフェイジョンが添えられてきます。ご飯がつく料理にはセットで付いてきます。(パスタ料理には付いてきません。)

バールのフェイジョン その2
あれ?フェイジョンは何処へ!?
こちらはサンパウロのちょっと田舎で頼んだPrato feito(通称PF )と呼ばれる一皿に盛られた定食。なんとフェイジョンはこの鶏肉ソテーとスパゲティの下に隠されているのです。
ちょっといいレストランではフェイジョンは別料金だったりします。
フェイジョンは、私が知る限り“嫌い”というブラジル人に会ったことがありません。いつもご飯とセットで食べるので、日本の味噌汁みたいに例えられています。
ただ、ブラジル以外の南米出身者にはあまり人気がないのか、私の周りで、特にペルー人の友達にはフェイジョン嫌いが多いです^^;

次回はフェイジョンの作り方もご紹介したいと思います!
-----------------------------------------
この記事は私が海外情報メディアBROADIAに寄稿した記事を元に書かれています。
こちらも是非チェックしてみたください^^