2016/04/22

ブラジルへの空路、一番お得な方法は?

こちらはブラジルの航空会社AZUL 国内線です

前回のブログでご紹介した通り、ブラジルは日本から遠く離れた南半球に位置し、飛行機を使っても24時間以上かかります。

ブラジル発着便のある航空会社をまとめてみました。
●アメリカ経由 所要時間:約26時間
アメリカン航空(ロサンゼルス経由 他)、ユナイテッド航空(ヒューストン経由他)、デルタ航空(アトランタ経由 他)
●ヨーロッパ経由 所要時間:約28時間
ルフトハンザドイツ航空(ミュンヘン経由 他)、エールフランス航空(パリ経由)
●中東経由 所要時間:約30時間
エミレーツ航空(ドバイ経由)、カタ-ル航空(ドーハ経由)、トルコ航空(イスタンブール経由)
●他
全日本空(各国経由)、大韓航空(仁川/金浦から米国経由)など

私はこれまでにアメリカ、ヨーロッパ、中東経由の3つの方法で渡伯しました。
それぞれを利用した感想を書きたいと思います。

●アメリカ経由
アメリカ到着の際に入国審査(ESTA用意!)が必要で、列に1~2時間並んだり、スーツケースを一度おろしたりと面倒。そしてアメリカ系の航空会社は機内食があまり美味しくないのが残念。。でも獲得したマイレージで韓国往復できたので良しとしよう。
●ヨーロッパ経由
発着時間とトランジット時間が割と良い。航空券が他より少し高いかな。思い切ってヨーロッパで一度降りて観光するならかなりお得かも。
●中東経由
近年、私の周りで人気な中東経由。機内サービスも良いし、プロモーション価格のチケットを販売が多く、最安チケットが買える事も多い。時間によっては最短のトランジット(約3時間)も。カタール航空ではドーハ乗り継ぎの際に8時間以上のトランジットがある際はホテルが利用できるサービスもあるそうです。シャワー浴びれるのは嬉しい~!(参考:ドーハでお乗り継ぎのお客様へ | Qatar Airways Malaysia

時間的に一番早く着く便があるのははアメリカ経由ですが、長いフライトの後、アメリカ到着時の査証と荷物検査の列に並ぶのは正直疲れました。。
これらを踏まえてアメリカ経由と中東経由、値段が同じでトランジット時間が1~2時間の差であれば、飛行時間が長くても中東経由を選びます。
カタール航空は、機内食も美味しかったし、設備やCAさんの待遇もとっても良かった!でも、もし中東経由とヨーロッパ経由が同じ値段だったら、パリに行ってみたいなぁなんて思っています。笑

補足)意外と盲点?ブラジルへの到着時間
ブラジルの空港は強盗事件が多発しています。
早朝や暗くなってから到着する便の場合は必ず宿泊地の予約、そこまでの移動方法を確保・確認する事をオススメします。特にイベント時期(カーニヴァル等)は交通機関が通常通りに動いていない事が多いので注意してください。
また、空港内のカフェ等で荷物を座席に置いてから食べ物を買いに行くのはやめましょう!ワールドカップの際、このシチュエーションで沢山の人が置き引きにあっています。改めて日本がいかに安全なのかを感じますね。