2013/12/11

ブラジルってどこにあるの?


ブラジルに対するイメージってどんな感じでしょうか?
「サッカー」「サンバ」「ボサノヴァ」などが揚げられるかと思います。
2014年はワールドカップの影響から、ブラジルの文化が紹介され、少しでもブラジルに触れることが多かったのでは??


ブラジルってどんな国?

----------------
正式名称/República Federativa do Brasil(ブラジル連邦共和国)
時差/-12~-14時間
国土面積/日本の約22.5倍!!
公用語/ポルトガル語(ブラジル・ポルトガル語)
首都/ブラジリア
----------------

てか、ブラジルってどこにあるの?


南アメリカ大陸…つまり日本のほぼ反対側です!

南アメリカ大陸で面積が一番大きい国です。
南アメリカではスペイン語を話す国がほとんどですが、ブラジルはポルトガル語です。
これは、ブラジルがポルトガル植民地としての時代背景からきています。
ただし、ヨーロッパのポルトガルで話されるポルトガル語と多少異なる部分もあります。
国の名称ですが、綴りはBrasilです。Brazilは英語表記になりますよ~。
日本漢字にすると伯剌西爾で、日本とブラジルの関係を日伯(ニッパク)と称したりしています。

ブラジルの首都はサルヴァドール→リオデジャネイロそして現在のブラジリアと移り変わっています。
ちなみにブラジル最大かつ南半球最大の都市といわれるサンパウロは一度も首都になったことはありません。
歴史や文化についてはまた後日♪

ブラジルだって雪が降る。

一番人気の観光地リオだけ行ったところでブラジルのことは語れません。
ブラジルは本当に広く、場所によって気候はもちろん、食文化や音楽も違います。
例えばサンパウロ州の中だけでも市内は高層ビルが立ち並び、まるで東京のようですが、バスで1時間走っただけで家も殆どないような草原が広がっていたりします。
また、中暑いと思ったら大間違いです。サンパウロの場合、冬はダウンジャケットが必要な日もありますし、南部では雪が降ることもあります。

サンパウロ市内

サンパウロからバスで1時間ちょっと走るとこんな感じ

ブラジルの魅力ってなんだろう?

ブラジルの最大の魅力は何と言っても『人』ではないでしょうか?
元々生活をしていたインディオにポルトガル植民地時代のポルトガル人、アフリカからの奴隷、ポルトガル以外のヨーロッパやアジアなど世界各地から移民を受け入れたミックス文化により生まれた「ブラジル人」というアイデンティティは、独特のものだと思います。
また、そこから生まれていった新たなブラジル文化は、それぞれの“いいとこどり”とも感じられる多彩な魅力が溢れています。
私は、いつの間にかブラジルの音楽を好きになり、2010年の初渡伯をきっかけに、ブラジルにすっかりハマってしまったのであります。
リオの海岸
サルヴァドールの海岸
今、一番研究しているのは「音楽」ですが、ブラジルの「食文化」と「人間性」にも興味があり、ブログに書くようにしています。

実は深い!ブラジル×日本の繋がり

ブラジルと日本は距離にしたら遠い国ではありますが、1908年から日本人の移民を開始しており、遠いようで近い国なんです。
今でもブラジルには約160万人の日系人がいるといわれています。(ブラジルの総人口の約0.8%)ちなみに日系人が残した素晴らしい功績のおかげで、ブラジルにて日本人のイメージは誠実で優秀、親しみやすい外国人だそうです~。私も学校でいい点数とると“やっぱり日本人は頭がいい。”なんて、からかわれます。

地面を掘り続ければブラジルに行けるの?

行けません!笑
ブラジルへ行く方法は船という選択肢もありますが、飛行機が主流です。
直行便がないので乗り継ぎをしていきます。(2010年にJALの直行便は廃止)
私の場合、
1回目 コンチネンタル航空を利用。ヒューストン経由。
2回目 ルフトハンザ航空を利用。ミュンヘン経由。
3回目   カタール航空を利用。ドーハ経由。
で行きました。

ブラジル行きについては、次のブログで詳しく紹介します!!
Tchau tchau!!(ポルトガル語で、「バイバイ!」)